トップ > ニュース > さだまさしが魅せられた"魂のヴァイオリニスト"、若林 暢の奇跡のアルバム2タイトルが6月21日同時リリース!

さだまさしが魅せられた"魂のヴァイオリニスト"、若林 暢の奇跡のアルバム2タイトルが6月21日同時リリース! 2017.05.12

若林暢アー写小.jpg
 
昨年2016年6月8日に58歳と言う若さでこの世を去った、世界的ヴァイオリニスト若林 暢(わかばやし・のぶ)。数々の受賞歴を持ち、国際的ヴァイオリニストとして活躍を続けながらも、チャリティー活動に積極的に取り組んだ孤高のヴァイオリストであった。この度、彼女が遺した貴重な音源からアルバム2タイトルが同時発売される。
 
1枚はイギリスでレコーディングされ、デイリー・テレグラフ紙で “The CD of the Week” に選ばれるなど、欧州各紙で絶賛された『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』。そしてもう1枚は、本人がこよなく愛したヴァイオリン小品の中から選りすぐった秘蔵のライヴ音源による『ヴァイオリン愛奏曲集』。両アルバムジャケットの題字は、若林 暢と生前交流のあったさだまさし氏によるものだ。
 
現在FMヨコハマにて放送中のラジオ番組『魂のヴァイオリニスト~若林暢・音楽の旅~』(毎週日曜午前5:30~)にも、さだまさし氏が5月12日より3週連続でゲスト出演する。さらに6月21日には、銀座王子ホールにて、ウィーンフィルの首席フルート奏者 ワルター・アウアーと、若林暢が最も多く共演したピアニスト アルバート・ロトの友情出演による若林 暢のCD発売記念コンサートが行われる。
 
日本ではその名をほとんど知られていなかったのにもかかわらず、世界的な演奏家として活躍し、世界の名立たるミュージシャンからも敬愛を受けた若林 暢。彼女がなぜ“魂のヴァイオリニスト”と呼ばれるのか。その生涯を辿り、その演奏を聴くことで、彼女が今もなお世界から愛されている理由を知ることができるだろう。ソニーミュージックのスペシャルサイト( http://www.110107.com/nobu_wakabayashi )では、彼女の詳しいプロフィールのほか、今後のコンサート情報なども掲載されているので、ぜひともチェックしていただきたい。